日本認知療法・認知行動療法学会理事長からのご挨拶

日本認知療法・認知行動療法学会 理事長 大野 裕

日本認知療法・認知行動療法学会(旧,日本認知療法学会)のホームページにおいでいただきまして,ありがとうございます.

日本認知療法・認知行動療法学会は,認知療法・認知行動療法をともに学び,実践していくことを目的に設立された学術的な集まりで,医師,心理職,看護師,精神保健福祉士,作業療法士,教師を初めとする多くの方々に参加していただいています.このホームページは,日本認知療法・認知行動療法学会の活動をお伝えするとともに,その活動の中から得られた社会に役に立つ知見を発信する目的で作られました.

認知療法・認知行動療法は,問題解決を妨げている認知(ものの受け取り方や考え方)や行動に焦点を当てながら精神疾患を治療する方法として発展してきました.認知療法・認知行動療法,米国ペンシルベニア大学のアーロン・T・ベック博士が,最初にうつ病の患者さんにこの治療法を試み,薬物療法に匹敵する効果があることや,再発予防効果に優れていることなどを実証したことで,米国はもちろん世界的に注目されることになりました.

その後,世界の多くの研究者が,うつ病だけでなく,様々な精神疾患に対して治療的効果があることを実証してきました.わが国でも効果研究が行われ,その成果を踏まえて,うつ病,パニック症,社交不安症,強迫症,外傷後ストレス障害,過食症に対して要件を満たせば診療報酬が支払われるようになるなど,いまでは精神疾患の治療の大きな柱の一つになっています.その他,がんや慢性痛,過敏性腸症候群などの身体疾患への治療にも活用され,さらには地域や職域,学校,司法領域など,多方面で活用されるようになっています.

それだけ認知療法・認知行動療法への期待が高まってきているのですが,その一方で,その期待を担うだけの専門家や施設が不足しているという現実も存在します.日本認知療法・認知行動療法学会では,そうした様々な現状を踏まえて,会員同士がお互いに切磋琢磨しながら力を伸ばしつつ,社会に役立つ専門家を育てていく場を提供していきたいと考えております.

最後になりますが,そうした学会の発展のために,皆様のお力を貸していただきたいと切に願っております.


2018年10月吉日
日本認知療法・認知行動療法学会
理事長 大野 裕