学会誌 『認知療法研究』 第9巻 1号

認知療法研究 第10巻 1号 2017年2月 目次

学会誌 『認知療法研究』 第10巻 1号
【特集:子どもと家族のための認知行動療法】
特集にあたって
佐藤 寛,石川信一 1
親子相互交流療法(Parent-Child Interaction Therapy:PCIT)
加茂登志子 3
ACTによる子育て支援点
谷晋二 11
小児がん患者と家族に対する心理社会的支援
武井優子,上村幸代,盛武 浩,布井博幸 21
自閉スペクトラム症と不安症を併発する児童青年に対する認知行動療法
金山裕望,桐山佳奈,石川信一 29
【原著論文】】
Perceived Criticism Measure日本語版の信頼性と妥当性の検討
成瀬麻夕,堀内 聡,坂野雄二 39
考え込み方略の有無と刺激の感情価による検索誘導性忘却の差異の検討
佐藤秀樹,伊藤理紗,鈴木伸一 45
マインドフルネスと不眠症状の関連性:不眠に関わる認知的要因を媒介変数として
松野航大,亀井幹子,宮崎球一,根建金男 55
【資料】
パーソナリティ障害における混同信念尺度の作成と信頼性・妥当性の検討
樋沼友子, 富田 望, 金山裕介, 荒木美乃里, 黒田彩加, 熊野宏昭 65
ドイツにおける認知行動療法専門家の養成システムと臨床実践の現状について
石垣 麿 75
【実践報告】
作業関連疾患により休職中の女性に対するアクセプタンス & コミットメント・セラピー :キャリア選択において価値の明確化が奏功した症例報告
酒井美枝,坂野朝子,武藤 崇 81
ページの先頭に戻る

【Special Issue:Cognitive Behavior Therapy for Children and Families】
Preface 
Hiroshi Sato, Shin-ichi Ishikawa 1
Parent-Child Interaction Therapy(PCIT)
Toshiko Kamo 3
Parenting support by ACT
Shinji Tani 11
Psychosocial Support for Children with Cancer and Their Families
Yuko Takei, Sachiyo Kamimura, Hiroshi Moritake, Hiroyuki Nunoi 21
Cognitive Behavior Therapy for Children with Autism Spectrum Disorder and Anxiety
Yumi Kaneyama, Kana Kiriyama, Shin-ichi Ishikawa 29
【Articles】 】
Reliability and Validity of the Japanese Version of Perceived Criticism Measure
Mayu Naruse, Satoshi Horiuchi, Yuji Sakano 39
The Effects of Presence or Absence of Brooding Strategy and Emotional Stimuli on Retrieval-Induced Forgetting
Hideki Sato, Risa Ito, Shin-ichi Suzuki 45
Relationship between Mindfulness and Insomnia: Focusing on Cognitive Factors Related to Insomnia as Intervening Variable
Kodai Matsuno, Mikiko Kamei, Kyuichi Miyazaki, Kaneo Nedatei 55
【Short Reports】
Developing and Validating: The Thought Fusion Instrument for Personality Disorders (TFI-PD)
Tomoko Hinuma, Nozomi Tomita, Yusuke Kanayama, Minori Araki, Ayaka Kuroda, Hiroaki Kumano 65
A Report of the Practitioner Training System and Current Conditions of Ccognitive-Behavior Therapy in Germany
Takuma Ishigaki 75
【Practical Research】
Acceptance and Commitment Therapy for a Woman on Sick Leave Due to Work-related Disease
Mie Sakai, Asako Sakano, Takashi Muto 81
ページの先頭に戻る