沿革

学会設立前史

認知療法(cognitive therapy)はアメリカの精神科医Aaron T. Beck がうつ病治療のために開発した精神療法で,欧米では30〜40年の歴史があるが,わが国に積極的に紹介されるようになったのは1980年代後半以降である。とりわけBeck の主宰するペンシルベニア大学認知療法センターからArthur Freemanが来日した1989年,「認知療法元年」とも称すべきこの年を境として,それまで散発的になされてきた研究や臨床報告は急激に増加した。

これを受けて,『認知療法・認知行動療法全国連絡会議』が大野 裕(慶応義塾大学) の呼びかけで,何回か開催された。また,東京や京都などでは定期的な研究会や勉強会が始まった。しかし,『認知療法・認知行動療法全国連絡会議』以後はこれを継承する全国的な組織がないまま何年かが経過した。

1998年3月,認知療法に関心を寄せる人々が一堂に会し情報交換を行い,その蓄積を広く臨床の場に還元できるよう,『日本認知療法研究会』を設立 することが,京都府立医科大学での第1回研究会(共催京都府立医科大学精神医学教室)において承認された。席上,会則の承認とともに,大野が研究会会長に 選出され(1999年再選),事務局は鳴門教育大学井上研究室内に置かれることになった。また,2000年7月には監事として小谷津孝明(日本橋学館大 学)と福居顯二(京都府立医科大学)が承認された。

日本認知療法研究会第2回大会は慶応義塾大学医学部で大野会長のもと1998年10月に開催され,一般演題の発表が始まった。翌1999年10月に は再び京都府立医科大学において第3回大会(共催:京都府立医科大学精神医学教室)が催され,新しい試みとしてシンポジウム「各専門領域への認知療法の導 入と適用をめぐって」が企画された。第4回大会(大野会長)は2000年10月に慶応義塾大学医学部で実施されたが,このときは一般演題のほか,症例検討 に多くの時間が当てられた。

学会設立準備会

2001年5月,大阪において日本認知療法研究会会長の大野と同事務局長の井上が呼びかけ人となって,日本認知療法学会設立準備会がもたれた。準備会への参加を依頼する案内状には,以下のような研究会発足以来の経緯が綴られていた。

『日本認知療法研究会』は1998(平成10)年3月に始まり,これまで4 回の学術集会を開催するとともに,会報に相当する「認知療法 News」(季刊)を第16号まで発行してまいりました。2001(平成13)年3月末現在,医学,心理学などを専門とする会員は220名を数えておりま す。そこで,研究会が3年を迎えた今,認知療法をさらに臨床の場に普及させ,基礎的・臨床的研究の充実を図る目的で,『日本認知療法研究会』を発展させた 『日本認知療法学会』(仮称)の設立を計画しております。折しも,2004(平成16)年に神戸で開催予定の世界行動・認知療法会議(WCBCT)に向けた準備が活発になっておりますが,認知療法に関わる学会を組織することにより,いっそう積極的な貢献ができるものと確信しております。

準備会では,学会設立の趣旨について大野が述べた後,学会の名称を審議することから議事は始まった。学会名は日本認知療法学会,英語名は日本認知療法研究会との連続性を考慮し,The Japanese Association for Cognitive Therapy(JACT)に決定した。会則ではとくに組織の充実が論議され,役員構成が明確になった。また,学会誌の発行は段階的にこれを実現していく ことで同意された。最後に第1回学術集会の予定が提案され了承された。これらは正式には京都府立医科大学での第1回日本認知療法学会において承認されることになった。

第1回日本認知療法学会

2001年10月,第1回日本認知療法学会が福居(京都府立医科大学精神医学教室教授)会長のもと同大学図書館ホールを会場として開催された。プログラム・抄録集のはじめに,福居は次のように述べている。

平成10年3月に日本認知療法研究会が発足し,その第1回の研究会が私どもの大学の臨床講義棟で開催されました。(中略)以後,京都府立医科大学と 慶應義塾大学で交互に2回ずつ行われ,今回第5回を迎えるところでした。昨年の会から,本研究会を学会規模に格上げできればというお話があり,急遽,第5 回研究会を,第1回の学会としてお世話させていただくことになりました。(中略)初めての学会ということで,11人のプログラム委員の先生方のご意見をお伺いしながらのスタートとなりました。(中略)内容としまして,シンポジウムでは「各疾患・病態における認知療法の実際」というテーマで4人の演者から発 表いただきます。症例報告が1題,一般演題12題に加え,私も日本での認知療法の現状についてお話させていただきます。引き続き,昨年から始まった第2回 認知療法研修会もおこなわれ,お陰様で第1回の学会プログラムとしてはオーソドックスなものにまとまったのではと思っています。(以下略)

当日は医学,心理学,学校教育関係者を中心に,約150名の参加を得,多様な専門職からなる学会の特性が継続される形となった。一方で,臨床における診断の重要性が学会冒頭から議論され,懇親会の席上でも話題となるほどであった。研究会のときとは異なる風が吹きはじめた感があった。

日本認知療法学会のあゆみ

日本認知療法学会 認知療法研修会 日時 主催 会長
第1回 第2回 2001年10月 京都府立医科大学 福居顯二
第2回 第3回 2002年10月 慶應義塾大学 小谷津孝明
第3回 第4回 2003年10月 大阪市立大学 切池信夫
第4回 第5回 2005年2月 北海道医療大学 坂野雄二
第5回 第6回 2005年12月 医療法人和楽会 貝谷久宣
第6回 第7回 2006年10月 東京大学 丹野義彦
第7回 第8回 2007年10月 東邦大学 坪井康次
第8回 第9回 2008年11月 東京大学 久保木富房
第9回 第10回 2009年10月
予定
千葉大学 (会場は幕張メッセ予定) 伊豫雅臣・ 清水栄司

第1回学会開催以降、学会は研究とともに、実践の支援にも力を入れ、「認知療法研修会」を併設し、毎回多くのワークショップが開かれてきた。研修会によって、臨床心理士や精神科医は認知療法の技能を身につけることができ、日本の精神療法のレベルを高めてきた。これによって、精神療法のユーザー(患者さん)の満足度も高まることは言うまでもない。

学会設立当初は300名だった会員数も、現在は1200名以上に達した(2008年11月現在).1年に100名以上のペースで増えていることになる.これほど急激に伸びている学会は珍しいだろう.そのきっかけになったのは、2004年に神戸で開かれた世界行動療法認知療法会議(WCBCT)である.この国際学会では、世界29カ国から約1400名の参加者があった.この学会から、日本の臨床家の間で、認知行動療法への関心が急速に高まり、現在の活発な学会活動、研究活動の発展につながっている。

ページの先頭に戻る